車検の種類について知りたい!どれくらいの種類があるの?

ディーラーによる車検の場合

車検は、新車の場合は3年目に初めての車検を行い、それ以外の車は2年に1度車検を行うことになります。車検をする場合、昔と違いさまざまなところで行っています。では、どのようなところで車検をしているでしょうか。一番多く利用されているのはディーラーです。ディーラーは車を買った人がそのお店ですることが多くなっていますので、新車で買った人が主に使っています。料金はそれほど安くはありませんが、信頼出来る車検場と言えます。

町の自動車整備工場で車検を受ける

町の自動車整備をしている工場でも車検を受け付けてくれます。町の自動車整備工場の場合には、「指定工場」と「認定工場」の2種類があります。「指定工場」は「認証工場」も兼ねています。そのため、その工場だけで車検が完結します。一方、認定工場の場合には、最初から最後まで車検を工場内ですることができず、車検場へ運んでいきます。とは言っても、自動車工場の人が運んでくれるため、わざわざオーナーが運ぶわけではありません。

車検専用の会社で車検を受ける

車検専用の会社で車検を受けることができます。車検専用の会社の特徴は、ディーラー車検や自動車整備工場の車検よりもあとから出てきたため、安さと早さでアピールをしています。最近はフランチャイズ系のお店が増えてきています。テレビコマーシャルをしているところも珍しくはありません。それ以外にはユーザー車検と言って自分で車検をする方法があります。費用は安くなりますが、その分手間がかかりますので、時間がある人でないと難しいでしょう。

車検を受ける期間は、新車で購入した場合は、最初は3年目で受けます。その後は、2年ごとになります。安全に運転するには、受けなければなりません。不備がないか点検してもらいます。